プライバシー・ポリシー

■基本ポリシー

日本プロパティマネジメントは、パートナーシップまたは企業、個人等のプライバシーを尊重し、入手した情報データについて、次のような姿勢で対応いたします。

1. 安全対策

入手した情報データについては、安全に管理運営するよう鋭意努力するとともに、漏洩、滅失、又は毀損などへの危険防止に対する合理的 かつ適切な管理に努めます。 また、個人情報の適切な管理に努めるとともに、個人情報セキュリティ実施基準を設けて、当社社員への周知徹底を図ります。

2. 個人データの利用目的

入手した個人データについては、会費徴収( 地価公示、地価調査等) 、評価員管理等、個人情報の保護に関する法律に基づき利用いたします。日本プロパティマネジメントは、取り扱う個人データの漏洩、滅失又は毀損の防止その他個人データの安全管理のため、次のとおり必要な措置を講じます。

1. 組織的安全管理

職員等の責任と権限を明確に定め、個人情報セキュリティ実施基準等を運用整備し、実施状況を確認します。

2. 人的安全管理措置

職員の雇用及び委託契約時において、非開示契約を締結し、また職員に対する教育、啓発を実施します。

3. 物的安全管理措置

事務所の入退出室管理、盗難等に対する対策及び機器、装置等の物的安全管理措置を実施します。

4. 技術的安全管理措置

個人データのアクセスの識別と認証、制御、権限の管理等の技術的安全管理措置を実施します。

5. 個人情報管理者の設置

個人情報管理者として、当社社長を指定し、個人情報の安全管理に努めます。

6. 個人情報セキュリティ実施基準の運用

個人情報セキュリティ実施基準については、「策定」「運用」「再評価」および「見直し」のサイクルで運用いたします。